南向きの土地のメリットとデメリット

南向きの土地は、
最も人気がある土地であり、
かつ最も資産価値が高い土地である
と考えられています。

その理由は、
居住スペースに採光を確保しやすい、
間取りの自由度が高い、
道路から人目につきやすく防犯性が高い、
開放的な外観にしやすい、
このように考えられているからなのですが、
これらのメリットは、
南向きの土地を購入した全ての方に、
確実にもたらされるものなのでしょうか?

おはようございます。
1craft 株式会社ストレイトの松下です。

例えば、南向きの土地に建つ家の多くは、
その恩恵を享受するために、
基本的に南側に居室を配置し、
それぞれの部屋に大きな窓をつくっています。

しかし、これらは一見、
南からの採光を確保しているように思いますが、
その窓をカーテンで閉め切らざるを得ません。
外からの視線が気になるからです。

また、直射日光が入ってくる場所が増えれば、
家の中が暑くなりやすいし、
テレビに光が反射して見にくくなってしまうし、
直射日光の中に含まれる紫外線で
床や家具が焼けやすくなってしまいます。

そして、こういった理由も合わさって、
余計にカーテンを閉め切ったままにせざるを得なくなる、
というわけですね。
結果、逆に家の中が薄暗くなってしまいます。

✔︎間取りの自由度は本当に高いのか?

南向きの土地を買う最大の理由は、
居住スペースを南に確保しやすいから、です。

となると、南に居住スペースを配置し、
かつ南に配置した部屋の南面には
大きな窓を設置することを前提として、
間取りを決めていってしまいます。

つまり、南向きの土地を買った時点で、
自ずと、ある程度間取りが決まってしまう
というわけなので、そう考えると、
間取りの自由度も、
決して高いとは言えないと思いませんか?

わざわざ採光が確保しやすい
南向きの土地を買ったのに、
あえて南に居住スペースや窓をつくらないという
選択肢をとることが出来るならば話は別ですけどね。

✔︎防犯性は高くなるのか?

南向きの土地は、
南側に居住スペースをつくり、
かつその南に大きな窓がある家が建つことから、
ある意味、防犯性が高い家が出来上がります。
外から家の中が丸見えになる
オープンな家になるからです。

しかし、こういったお家は、
窓を見ただけで家の間取りが分かってしまうし、
灯りをつけたままで寝るようにしないと、
夜どの部屋を使っていて、どの部屋を使っていないかが、
簡単に分かってしまいます。

また、プライバシーを確保するために、
目隠しや塀などを庭につくってしまうと、
せっかく丸見えになっていた庭を閉じてしまうことになり、
逆に防犯性が悪くなってしまいます。

それゆえ、防犯性の高さを維持するためには、
プライバシーを犠牲にし続ける覚悟が必要となるか、
あるいは常時カーテンが閉まったままの
薄暗い家に住み続ける覚悟が必要となる、
そして、どの部屋も夜ずっと電気をつけたまま
暮らすようにしなければいけない、
というわけですね。

✔︎開放的な外観ってどういうこと?

空を眺めることが出来、
家の中から庭や緑を眺めることが出来、
かつ視覚的に空間の広がりが感じられる
開放感たっぷりの室内をつくることが出来れば、
毎日をとっても心地よく過ごしていただけると思います。

しかし、この空間をつくることと、
外観が開放的であることは一切関係がありません。
外観を開放的につくればつくるほど、
外からの視線を防ぐためにカーテンが必要となり、
家の中が薄暗くなってしまうからです。

それゆえ、
空や外を見ることが出来るようにするためには、
そもそもカーテンが必要のない窓を
つくらないといけないのですが、
実は、それをするのが一番難しいのが、
この南向きの土地です。

ですから、こういった点も冷静に考えていただき、
土地選びを行うようにしていただければと思います。

個人的には、南向きの土地が
一番選ぶべきじゃない土地だと思っているし、
実際、南向きの土地は必ずしも一番いいわけでもなければ、
最も高い価格で購入したにもかかわらず、
最も住みにくい家をつくってしまうかもしれませんから・・・

それでは、、、

北向きの土地のメリットとデメリット

北向きの土地の基本的なメリットは、
駐車場と庭が分離出来ること、
そして、居住スペースが道路と反対側につくれるため、
プライバシーが確保しやすいこと、ですが、
敷地の奥行きが深くなればなるほど、
その恩恵をより享受しやすくなります。

敷地の奥行きが深くなれば、
その分、家の南側に庭が確保しやすくなるし、
南側に建つ隣家から充分に距離をとることが出来、
居住スペースに南からたっぷりと光が入ることから、
明るくて開放的で、かつ庭と一体感がある
リビングダイニングキッチンをつくりやすいからです。

それゆえ、プロである住宅会社側では、
間口に比べて奥行きが深い北向きの土地が、
全ての土地の中で最も良い土地である、
と言われています。

おはようございます。
1craft 株式会社ストレイトの松下です。

他方、奥行きが浅い北向きの土地は、
南側に建つ隣家との距離が近くなってしまうため、
南からの光が充分に採れなくなるし、
同時に、プライバシー性に優れた庭も
充分な広さを確保することが出来なくなります。

つまり、日当たりが悪い、
暗い・寒い・ジメジメの三拍子揃った家になりやすく、
かつ、北向きの土地のメリットである
プライバシー性が高く
安全な庭をつくることも出来なくなってしまう、
というわけですね。

これが、一般的に、
誰もが北向きの土地を避ける最大の要因となるわけですが、
実際、北向きの土地の多くは、
奥行きがそれほど広くないため、
そのデメリットを諸(もろ)に受けやすくなってしまいます。

不動産屋さんが、土地の奥行きを深くしない理由は、
価格設定はそのままで奥行きを深くとろうとすれば、
その分、間口を狭めるしかないため、
そうなれば土地が細長くなり、
結果、見た目が悪くなるし、
建てる家の自由度が低くなってしまうからです。

また、奥行きも間口も広くつくってしまうと、
最も価格設定を低くせざるを得ない
北向きの土地の面積が増えてしまい、
結果、不動産屋さんの儲けが減ってしまうからです。

✔︎ネガティブな要素を逆手にとる!

このような理由から、
北向きの土地は、南向きの土地に比べて、
ずいぶんと安く価格が設定されているわけですが、
この"安い"という大きなメリットは、
決して見逃してはいけない要素です。

しかし、このメリットを得るためには、
暗くなりそう・寒そう・ジメジメしそう・という
大きなデメリットをクリアしなければいけません。

例えば、
たとえ日当たりが悪いと分かっていても、
どうしてもリビングを南につくりたいとお考えであれば、
リビングを吹抜けにするという解決策があります。

1階の窓に光が射し込まないのであれば、
より高い2階の窓から光を採り込めばいいからです。

また、リビングの位置を南にこだわらないのであれば、
リビングを南ではなく北に配置し、
そのリビングの南面に大きな窓をつくる
という解決策もあります。

南側に建つ隣家から距離が遠くなれば、
南からの光をたっぷり採り込むことが出来るからです。

このように、土地が持つデメリットを
解決することが出来る手段が『設計』であり、
その土地に合わせて間取りを考えることさえ出来れば、
たとえ日当たりが悪そうな土地であったとしても、
明るく開放的な住まいをつくることが出来ます。
もちろん、プライバシーも完璧に確保しながらです。

ということで、ただ単に、
日当たりが悪そうな北向きの土地というだけで、
この土地を選択肢から外してしまわないように、
注意していただければと思います。

土地選びで"価格が安い"ということは、
とってもとっても大事なことですから!
それでは、、、

西向きの土地のメリットとデメリット

前回、東向きの土地について、
メリットとデメリットを踏まえながら
お伝えさせていただきましたが、
引き続き今回は、西向きの土地について、
お伝えしていきたいと思います。

おはようございます。
1craft 株式会社ストレイトの松下です。

まず、西向きの土地のメリットと考えられていることが、
『居住スペースを全て南に配置出来る』ということです。
東向きの土地と全く同じですね。

しかし、東向きの土地同様に、
全ての部屋を南に配置した場合、
2階はまだしも、1階の南の窓から見える景色は、
南に建っている家の裏側となります。

つまり、給湯器やエアコンの室外機置き場、
また、ゴミ置き場となっているであろう
ゴチャゴチャした汚い景色を眺めて過ごすことになる
というわけですね。

あるいは、それを避けるために、
常時カーテンを閉めておくか、
余分なコストをかけ目隠しや植栽などをつくることで、
その汚い景色を防がざるを得なくなってしまいます。

また、西向きの土地は、
午後からの日当たりが良さそうに思いますが、
その恩恵を受けるために、
西面に大きな窓をつくってしまうと、
厳しい西日をずっと浴び続けることになります。

となると、夏場、家の中が暑くなりやすく、
結果、光熱費がかさんでしまう
ことになります。

厳しい紫外線を浴び続けることによって、
床材や家具やカーテンなども焼けてしまいますしね・・・

そして、それを防ぐために、結局ずっと
カーテンを閉めっぱなしにせざるを得なくなってしまいます。
東向きの土地と同じように、
周りの人の目も気になるわけですしね・・・

結果、家の中が薄暗くなり、
日中ずっと照明が必要な家になってしまう
というわけです。

さらに、西向きの土地は東向き土地同様に、
隣家が近くに建っているにもかかわらず、
一番南にリビングを配置しようとすれば、
光がほとんど入ってこなくなってしまいます。

結果、西からの光も南からの光も
充分に採り込むことが出来ない
家になってしまうというわけです。
東に家が建っている場合、
午前中も光が採りにくいわけですしね。

✔︎西向きの土地で住みやすい家を建てるには?

大切なことは、
周囲から丸見えにならないようにしつつ、
家全体が明るくなるように、
どのように採光を確保するのか?ということです。
つまり『プライバシーと明るさを両立させる』
というわけですね。

そしてそのためには、
接道面である西の窓を最小限にしながらも、
リビング・ダイニング・キッチンはもちろん、
洗面脱衣室や寝室・子供部屋が明るくなるように
窓をつくることが出来るよう
間取りを考えなければいけないわけですが、
これを実現するためには、
以下のすべてを頭の中から
リセットしていただく必要があります。

・居住スペースは全て南に配置する
・日影には家を建てない
・子供部屋は2階につくる
・水回りは基本的に北に配置する
・階段は日当たりが良い南にはつくらない

多くの方がこの5つを前提として
家づくりをしてしまうのですが、
実は、これらは住みにくい家をつくる大きな原因となるため、
まずは、これらの固定概念を
頭の中から一旦取り除いていただくことが大切です。

そして、それが出来れば、
間取りの選択肢が一気に増えるし、
土地選びもずいぶんと自由度が増します。
土地選びの自由度が増す理由は、
この固定概念さえなくなれば、
土地の日当たりの良し悪しに関係なく
どんな土地でも光が差し込む
明るくカラッとした家を建てることが出来るからです。

ということで、
西向きの土地でも、間取り次第で
明るくて住みやすい家にすることが出来るので、
西向きのネガティブなイメージは一旦削除しながら
土地選びをしていただければと思います。

それでは、、、


東向きの土地のメリットとデメリット

一般的には、南向きの土地が一番良い
と言われていますが、
この南向きの土地にもデメリットは存在します。

また、逆に南向き以外の土地は、
デメリットが強調されがちですが、
北、東、西、それぞれに、
その土地ならでは、のメリットも存在します。

おはようございます。
1craft 株式会社ストレイトの松下です。

では今回からは、東・西・南・北
それぞれの土地のメリットとデメリットについて
考えていきたいと思います。

✔︎東向きの土地について

東向きの土地の場合、
まず『朝日が入りやすい』というメリットがある
と考えられていますが、
このメリットをそのまま取り入れるために、
東側に大きな窓をつくってしまったら、
家の中が外から丸見えになってしまいます・・・

そして、それを防ぐためにカーテンをつけざるを得ないし、
さらに、そのカーテンを常時閉めておかないといけません。

結果、カーテンのせいで、
家の中が薄暗くなってしまい、
日中ずっと照明をつけておかないといけません・・・


また、台風の時に備えて
その窓にシャッターまで設置するとなれば、
その分コストがかさむだけじゃなく、
家の景観までも乱してしまうことになりますが、
高いお金を出して建てたお家なので、
せめて家の正面ぐらいは美しくしておきたいと思いませんか?

次に、東側接道の土地は、
『居住スペースを全て南向きに出来る』
というメリットがあると考えられていますが、
これは、玄関を南に配置する必要がないからです。

しかし、ここで考えていただきたいことは、
"そもそも居住スペースを
全て南に配置する必要があるかどうか?"ということです。

全ての部屋を南に配置した場合、
2階はまだしも、1階の南の窓から見える景色は、
南に建っている家の裏側となります。

つまり、給湯器やエアコンの室外機置き場、
また、ゴミ置き場となっているであろう
ゴチャゴチャした汚い場所を眺めて過ごすことになる
というわけです。

あるいは、それを避けるために、
リビングの窓のカーテンを常時閉めておくか、
余分なコストをかけ、目隠しや植栽などをつくり
汚い景色を防がざるを得なくなるというわけです。

また、東向きの土地の場合、
隣家が近くに建っているにもかかわらず
一番南にリビングを配置すれば、
リビングには光が入ってきにくくなります。

そして、そうなれば、
冬に寒くなりやすく、結果光熱費も高くなってしまいます。

いかがですか?
周囲の環境のことを考慮して間取りをつくらないと、
本来メリットと考えられているようなことでさえも、
逆にデメリットになってしまうということが、
よくご理解いただけたのではないでしょうか?

それゆえ、このようなデメリットが生じないよう
間取りを考えていかなければいけません。

✔︎そもそも、全室南向きである必要はあるのか?

多くの方が、
居住スペースを出来るだけ南に配置しようとしますが、
果たしてその必要はあるのでしょうか?

例えば、寝室はどうでしょうか?
あなたは一体何時から何時まで
この部屋を使っているのでしょうか?
そして、寝ている時間以外、
この部屋で過ごすことはあるのでしょうか?

また、子供部屋に関しても、
南向きの部屋である必要があるのでしょうか?
子供部屋を子供部屋として使用する期間は
果たして一体どれくらいあるのでしょうか?
そして、子供たちが家を出て行った後は、
その部屋をどのようにお使いになるのでしょうか?

これらの部屋は、明るくあるべきではあるものの
そのために必ずしも南向きにする必要はない
とは思いませんか?

このように部屋の向きを、
必ずしも南向きにしなくてよくなれば、
ずいぶんと間取りに自由度が出るし、
敷地をより有効活用出来るようになり、
結果的に、先程挙げた幾つかのデメリットを
すべて解消しやすくなります。

ということで、東向きの土地で
家を建てる予定の方は、
東向きの土地のメリットだけじゃなく、
デメリットもよく理解し、出来上がった間取りが
その土地で考えられるデメリットを解消出来るかどうかを
頭の中でシュミレーションしながら
設計図とにらめっこしていただければと思います。

それでは、、、

将来のために減らすべき2つの固定経費

家を建てても、お金の不安なく
ずっと暮らし続けていただくためには、
家づくりをキッカケに
コツコツとお金を増やしていくことが大切です。

そして、お金を増やしていくために
僕が一番オススメしていることが、
個人型確定拠出年金iDeCoなのですが、
これを夫婦そろって上限の23,000円ずつ
計46,000円毎月掛けていただくためには、
家づくりをするタイミングで
見直していただきたい固定費があります。

おはようございます。
1craft 株式会社ストレイトの松下です。

まず、見直していただきたい固定費が、
『生命保険料』です。
というのも、家を建てる時には、
必ず"団体信用生命保険"という
掛け捨ての生命保険に加入することになるからです。

つまり、もしものことがあった場合は、
住宅ローンはこの保険によって
全額返済されることになるというわけですね。

となると、もしものため時に、
必要以上に備える必要がなくなります。

もしもの場合、ご主人の収入は丸ごとなくなりますが、
最も負担となる住宅ローンの返済はなくなるし、
ご主人に掛かっていた費用が全ていらなくなるからです。
車の維持費や生活費や小遣いなど全てが、です。

また、条件さえ満たしていれば、
遺族年金が国から支給されることになるし、
これに加えて、あなたがずっと働き続けていれば、
継続して安定した収入があるため、
今後の暮らしで困ることはまずなくなる
と言っても過言ではありません。

子供たちが大学に行くにあたって、
大きなお金が必要になるとしたら、
その家を売却して実家で暮らせば、
その資金だって充分捻出出来るわけですしね。

そして、もう1つ見直していただきたい固定費が、
『家づくりにかける費用』です。

例えば、iDeCoに掛けるお金が、
毎月23,000円足りなかったと仮定して、
保険を10,000円減らすことが出来たとしたら、
家づくりの費用を削ることによって、
毎月のローン返済額を13,000円減らせないか?
ということを考えていただきたいということです。

そして、毎月の返済額を13,000円減らすためには、
35年返済で考えるとしたら、
450万円ほど家づくりに掛ける予算を
減らす必要があります。

✔︎家づくりの予算の圧縮方法

この場合、家だけで予算を縮めようとするのではなく、
土地や外構工事といった費用にも目を向けることで、
バランス良く予算を縮めていくようにします。

土地で200万円予算圧縮、
家で200万円予算圧縮、
外構工事で50万円予算圧縮という風に、です。

そして、それを実現するためには、
土地に関しても、また家に関しても、
そうすることが出来る現実的な方法を
知っていただく必要があります。

土地に関して言えば、
土地の日当たりにこだわり過ぎないことと、
自分が買うべき土地の広さを知ること、です。

家に関して言えば、
自分たちにとって適切な家の大きさを知ることと、
予算が上がる要素だけじゃなく、
予算を下げることが出来る要素も知ることです。

このようなことをご理解いただいた上で、
土地探しを行い、家の設計を行えば、
なにかに妥協することなく、
450万円もの予算を圧縮することが出来ます。
あるいは、それ以上の予算圧縮も可能となります。

ということで、
以上の2つの固定費について、
当たり前や固定概念から一度脱出していただき、
その分固定費を削減することで、
コツコツと合理的にお金を増やしていっていただき、
家を建てつつも、お金に不安のない状態で、
一生暮らし続けていっていただければと思います。

それでは、、、

銀行と貯金と老後資金と

少子高齢化がもたらす
私たちの年金問題の一番の解決策は、
『出来るだけ長く働き続けること』ですが、
たとえそうしたいと思っていても、
みんながみんな、そう出来るわけではありません。
ずっと健康であるかどうかは分からないから、です。

それゆえ、そのリスクを軽減するためにも、
若いうちからコツコツと
お金を貯めていくことをオススメしています。

そして、家づくりをする時は、
将来に向けたライフプランを考えるいいキッカケとなるので、
今回は、このことについて、
個人的な考え方をお伝えしていこうと思います。

おはようございます。
1craft 株式会社ストレイトの松下です。

貯金という言葉を聞いて、
最初に連想する場所は、
『銀行』ではないでしょうか?

もちろん、銀行に貯金すれば、
時間外にお金を引き出しさえしなければ、
預けたお金が減ることはないため、
単純に貯めていくだけなら、
決してダメなわけではありません。

しかし、効率的にお金を増やしていくと考えると、
話は変わってきます。

というのも、1000万円を貯金していたとしても、
普通預金の場合、年間で100円しか増えないし、
定期預金の場合でも、
年間で1000円しか増えないからです。
かつ、その利子を受け取る際に、
その増えたお金から約20%税金を引かれるからです。

つまり、ほとんど増えないというわけですね(涙)・・・
(ネット銀行はこの限りではありませんが)

それゆえ、銀行以外の選択肢も
持つようにしていただきたいのですが、
個人的にオススメなのは、
『iDeCo』と呼ばれる個人型確定拠出年金です。

iDeCoは、誰でも60歳までかけることが出来る年金で、
毎月23,000円(公務員は12,000円)を上限に、
掛けていくことが出来ます。

年金であるがゆえに、
60歳まで預けたお金を引出すことは出来ないので、
その点も理解しておく必要があるのですが、
この個人型年金には2つのメリットが存在し、
このメリットたちによって、
銀行の普通預金に比べると、
遥かに効率的にお金が増えていきます。

メリット1:所得控除となる

1つ目のメリットは、
預けたお金が全額所得控除になるところです。
つまり、所得税と住民税が安くなるということです。

仮に、毎月23,000円掛けるようにし、
あなたが納めている所得税と住民税が
それぞれ10%だとしたら、
23,000円×12ヶ月×0.1(10%)=27,600円
所得税と住民税がそれぞれ安くなるため、
単純に55,200円お金が増えた、という風に考えられます。

年間276,000円お金を預けるだけで
55,200円もお金が増えるんですから、
かなり効率的にお金が増えていっていますよね?

メリット2:運用益も非課税になる

iDeCoに預けた年金は、
投資信託の中から自分で商品を選び、
運用していくことになります。

そして、銀行の利子同様に、
投資信託の運用によって増えたお金には、
約20%税金がかかることになるのですが、
iDeCoではこの税金がかかりません。

仮に、30年ずっと上限金額を預けていった場合、
23,000円×12ヶ月×30年=8,280,000円なのですが、
運用によって10,000,000円までお金が増えた場合、
増えた1,720,000円に対してかかる税金344,000円(20%)
を引かれることなく受け取ることが出来るというわけですね。

(運用益に関しては、
預けたお金が逆に減る可能性もあるのですが、
長期的に積立てをしていくため、
その心配はそうしなくていいと個人的には考えています)

この他、iDeCoは受取時も
税制優遇の対象となるため、
誰もが加入しておくべきことであると考えています。

また、出来れば共働きで働きつつ、
夫婦そろって上限金額まで加入することをオススメします。
共働きで働き続ければ、
国民年金に上積みされる厚生年金の金額も大きくなるし、
これに加えて2人そろってiDeCoにも加入していれば、
さらにもらえる年金が増えるからです。

といっても、そうはしたいけど
23,000円×2人分=46,000円も貯金に回すのは、
なかなか大変だと思います。

ということで、
次回は、そうするために、
家づくりをする時に減らすべき
固定費が何かとその理由について、
そして方法についてお伝えしていこうと思います。

決して、毎日が楽しくなくなるような苦しい節約を
しなければいけないわけではないので、
次回も参考にしていただければと思います。

それでは、、、

収納づくりもコストを左右する大きな要因

前回お伝えさせていただいたように、
家は出来るだけミニマムにつくるべきです。

その最も大きな理由は、
もちろん『コスト』なのですが、
今回お伝えさせていただく『収納』もまた
いたずらにコストを押し上げてしまう大きな要因となります。

おはようございます。
1craft 株式会社ストレイトの松下です。

"家を建てるなら、収納はたくさんつくりたい・・"
家を建てる誰もが、間違いなく
このようにお考えになるでしょう。

今暮らしているアパートの収納では、
全てがおさまりきらず、
部屋に溢れてしまっているでしょうしね・・・

そして、予算が許す限り
出来るだけ多くの収納をつくりたいとお考えになり、
その希望を設計士に伝えます。

✔︎家づくりの落とし穴

しかし、いざプランが出来上がってみると、
"あれっ?これだけじゃ足りないんじゃないか?"
と感じてしまいます。

プリントアウトされた間取図を
ひたすら上から見てしまうと、
99.9999%収納が少ないような気がしてしまうからです。
そして、その不安を打ち消すために、
床面積を広げることによって、
収納の分量を増やそうとします。

結果、それに連動して家のコストが
どんどん膨れ上がっていってしまいます。

✔︎収納の正しい考え方

このように、収納を『床面積』で判断してしまうと、
それに連動してコストが上がってしまうことになるのですが、
しかし、それに比例して、
より多くのモノが置けるようになるわけではありません。

ましてや、動線をより短くし利便性を高めるために、
『通り抜け動線』にされる方がいらっしゃいますが、
通り抜けることが出来るということは、
イコール『廊下』がそこに出来るということであり、
そのスペースを収納として使えなくなるため、
床面積とコストは増えたものの、
収納量は増えないどころか減ってしまう・・・
なんてことになってしまいます。

では、どうすればいいのか?
ということになりますが、
この答えは至って簡単で、
収納は『壁面積』で考えるということです。

つまり、いかに壁を上手く使ったか?
ということが収納量を大きく左右する要因となるわけですね。

例えば、一般的に天井高は2m40cmありますが、
この高さの中に、
棚板を2枚しかつけないのと5枚つけたのでは、
単純に置ける場所が2倍違ってくることになります。
2枚の場合、3段の収納になるのに対し、
5枚の場合、6段の収納になるからです。

また、リビングダイニングキッチンの周辺に置くものは、
細々したモノばかりだと思いますが、
これらを管理しやすくしようと思えば、
奥行きの深い収納をつくるより、
奥行きが浅い収納をつくるべきです。

そして、奥行きを半分にし、
逆に横幅を2倍にすれば、
全く同じ床面積のまま、
つまりコストは全く同じのままで
収納量を4倍にまで増やすことが出来ます。

また、そもそも家の壁の量を多くすることも大切です。
つまり、必要がない窓はなくすべきである、
ということですね。

家の壁が多くなれば、
収納として利用出来る壁が増えます。
また、それだけじゃなく、
壁が多くなった分、耐震性も高くなるし、
窓よりも壁が増えた分、断熱性も気密性も高くなります。

このように壁を上手く使うことを前提とした
収納づくりをすることが出来れば、
家のコストを上げることなく、
収納がたっぷりあるお家をつくることが出来るだけじゃなく、
耐震性にも省エネ性にも優れたお家を
つくることが出来るようになります。

ということで、間取図をずっと眺めて
無駄に床面積とコストを
増やしてしまわないように気を付けながら
家づくりをしていただければと思います。

それでは、、、

予算オーバーに陥る根本的な要因

多くの方が、自分が建てるお家の基準を
坪数で判断してしまいますが、
その基準に沿って家づくりをしようとすると、
家の予算オーバーを招きやすくなります。

その理由は、単純に、
家は面積が大きくなればなるほど、
それに連動してコストも高くなってしまうからです。

また、無駄に家の面積を大きくしてしまうと、
家そのもののコストが高くなってしまうだけじゃなく、
その他の全てのコストも高くなってしまいやすくなります。

光熱費・・家の固定資産税・・
メンテナンス費(塗り替え)・・改装費(将来)・・
土地の広さ=土地価格・・土地の固定資産税・・
外構工事費・・といった諸々のコストが、です。

それゆえ、出来るだけミニマムなお家を建てることが、
建てた後もずっと、
安心して暮らしていくためには最良の方法と言えます。

もちろん、合理的に無駄を削ることで、
使いやすさや住みやすさを
失わないようにすることが大前提です。

おはようございます。
1craft 株式会社ストレイトの松下です。

では、平屋を建てると仮定して
これについて考えていってみましょう。

平屋のお家を建てる場合、
タタミ1枚分あたりにつき、
約30万円前後のコストがかかっているため、
これを坪で換算するとタタミ2枚=1坪なので、
坪当たり約60万円のコストがかかっていることになります。
(面積や材料によって差異はあります)

それゆえ、同じ平屋を建てるとしても、
5坪=10帖面積が違えば、
約300万円家の価格が違ってくることになるのですが、
実は、あなたの頭の中の思い込みから、
10帖分面積を縮めることは、
そう難しいことではありません。

例えば、あなたにとって『廊下』は、
必要不可欠なものではないと思いますが、
意識せず間取りをつくってしまうと、
案外出来てしまうのがこの『廊下』です。

それゆえ、この『廊下』を
出来るだけつくらないように設計することが
合理的な面積カットの第一歩となります。

また、平屋の場合、
全ての部屋と収納が1階にあることから、
2階建てでは当たり前となっているコトを、
なくしたり減らしたりすることが出来ます。

まず、なくすことが出来るのが『和室』です。
寝室と子ども部屋が2階にある2階建て住宅の場合、
子どもたちが自分の部屋を上手く使えないこと、
また、1階がリビングだけでは使い勝手が悪いこと、
(親御さんが泊まりに来た時に寝る部屋がない)
そして、足腰が悪くなった時に備えて、
1階に和室を作らざるを得なくなります。

他方、平屋は寝室も子ども部屋も1階にあるため、
こういったことに備えて
『和室』をつくる必要がないというわけですね。

子供たちが小さいうちは、
子供たちは自分の部屋で寝ないでしょうから、
親御さんには子ども部屋で寝てもらえばいいわけですしね。

そして、減らすことが出来るのが、
寝室や子ども部屋の広さです。

というのも、寝室は文字通り、
ただ寝るだけの部屋だからだし、
昔のように、タンスやドレッサーといった
場所をとる荷物もなければ、
寝室の近くに大きなクローゼットをつくることが
当たり前となっているからです。

また、子ども部屋に関しても、
無駄に大きくつくる必要はないと思いませんか?
子供たちはやがて家を出て行くため、
そうなれば、この部屋を持て余すようになる
可能性が高いわけですからね。

いかがですか?

これらの中でなくてもいいかな?
と思ったものを減らしていけば、
あっという間に10帖ぐらい削ることが出来ます。

もちろん、予算が許すのであれば、
和室もつくればいいでしょう。
また、寝室や子ども部屋も広くつくればいいでしょう。

しかし、資金計画の結果、
予算にゆとりがないとしたら、
これらは合理的に考えるべき要素となります。

ということで、家づくりをする時に、
『○○坪ぐらいの広さが欲しい』という価値観で、
進めていかないようにしていただければと思います。

家は、大きくなったから
使いやすく住みやすいというわけでもなければ、
小さくなってしまったから、
使いにくく住みにくいというわけでもありませんから。

それでは、、、

家の予算の基本的な考え方

家づくりの予算は、
自己資金が多いか少ないかによって、
大きな差が生まれます。

例えば、家づくりの総予算が3500万円だとしたら、
自己資金が1000万円あれば、
銀行からの借入れは2500万円で済むため、
これを35年返済で試算してみると、
毎月の返済は約70,000円となるのですが、
自己資金が100万円だとしたら、
銀行から3400万円借入れせざるを得なくなり、
毎月の返済は約100,000円となってしまいます。

それゆえ、自己資金100万円のあなたが、
無理なく支払っていくことが出来る金額が、
毎月70,000円だとしたら、
あなたは900万円予算を圧縮する必要があります。

おはようございます。
1craft 株式会社ストレイトの松下です。

しかし、900万円もの予算を、
家だけで圧縮しようとしても100%不可能です。
2000万円であれば1100万円にしないといけないし、
1800万円であれば900万円にしないといけないわけですからね。
とてもじゃないけど家なんて建てられません・・・

この場合、家だけで予算を圧縮することを考えるのではなく、
家はもちろん、土地や外構工事の予算も
同時に見直す必要があります。

家で予算を400万円圧縮、
土地で予算を400万円圧縮、
庭で予算を100万円圧縮という感じですね。

具体的に3500万円の総予算が、
土地代として1000万円、
家代として2100万円、
庭代として200万円、
諸経費として200万円、だとしたら、

土地代を600万円、
家代を1700万円、
庭代を100万円、
諸経費を200万円、といった感じに、
それぞれの予算を圧縮していかなくてはいけません。

となると、必然的に
土地を探す地域を変えざるを得なくなるかもしれないし、
あるいは地域変更が無理なら、
土地面積を小さくするか、
あるいは、形や日当たりが悪そうな、
いわゆる条件の悪い土地を探さざるを得ません。

また、家に関しても、
使う材料や設備のコストを抑えると同時に、
面積を小さくすることによって、
コストを抑えざるを得なくなります。

外構に関しても、
余分な装飾工事を施さなくていい家にする、
また、土地に無駄な余白をつくらないようする
などの工夫が必要となってきます。

とはいえ、、、

✔︎そもそも予算を圧縮して、いい家が建つのか?

と多くの方がお感じになるでしょうし、
その不安から家づくりを諦めてしまうかもしれません。
あるいは、そんな予算じゃ無理だからと、
無理な予算で家づくりをしてしまうかもしれません。

確かに、土地の予算が少なくなれば、
みんなが買っているような新規分譲地に
手出しすることは出来なくなるかもしれません。

みんなが買っているような日当たりが良い土地や、
形がきれいな土地ではなく、
その真逆の条件が悪い土地にせざるを得ないかもしれません。

しかし、家の明るさや開放感は、
実は、土地の日当たりの良し悪しに
左右されるものではありません。
また、住み心地の良さや使い勝手の良さも、
土地の形に左右されるものでもありません。

現に弊社のお客様は、
土地予算を数百万円も圧縮しながら、
家づくりをされている方がほとんどです。
そして、土地の条件の悪さを要因として、
明るさや開放感が失われてしまった家は一軒もありません。

家に関しても予算を縮める最良の方法は、
家の面積を縮めることですが、
面積を縮めたからといって、
収納不足に陥るわけでもなければ、
使い勝手が悪くなるわけでもなく、
事実、弊社のお家は非常に居住性に優れています。

また、明るさ、開放感、居住性の向上だけじゃなく、
同時に、プライバシーや防犯性にも
優れた住まいになっているし、
それが結果的に、庭の工事費用を抑える
大きな要因にもなっています。
デザイン性の向上という成果によって、です。

ということで、あなたが予算を少しでも圧縮しながら
居住性とデザイン性に優れたお家を建てたいとお考えなら、
この事実を確認がてら
ぜひ一度弊社のお家を見に来ていただければと思います。
きっと、あなたの家づくりの視野が一気に広がるはずです!

それでは、、、

予算オーバーの原因 第2位

前回お伝えさせていただいたように、
事前に資金計画をしていないまま土地を探してしまうと、
ほぼ確実に予算オーバーしてしまうことになり、
結果、最良の住宅ローン選びが出来なくなってしまいますが、
これは土地に限らず家にも同じことが言えます。

また、事前に資金計画をしていないまま
家づくりを進めてしまうと、
純粋な土地代金や建物代金以外にかかる費用を
具体的に把握出来ていないため、
これが予算オーバーの原因となり
土地や建物の予算オーバー同様に、
仕方なく住宅ローンで帳尻を合わさざるを
得なくなってしまいます。

おはようございます。
1craft 株式会社ストレイトの松下です。

例えば、土地を購入する時には、
土地代金だけが必要なのではなく、
不動産屋さんに支払う手数料や、
水道を利用するための権利金や、
名義を自分に変えてもらうための費用といった
さまざまな経費がかかってきます。

それゆえ、土地を購入する時には、
土地代金以外にもこういった費用が
どれくらいかかりそうなのか?ということも、
検討材料に加えなければいけないのですが、
資金計画をしていない無知な状態で土地を探してしまうと、
これらの費用がスッポリと抜け落ちてしまうことになります。

ネットや雑誌に乗っている価格は、
純粋な土地代金だけであり、
別途でどんな費用が必要になるかまでは、
丁寧に記載してくれていませんからね。

また、家の費用に関しても、
地盤改良費用や外構工事代金といった費用はもちろん、
会社によっては、当然のごとく建築費用に入っているだろう
と思ってしまう費用(設計料や照明器具代など)ですら
含まれてないことが多々あるため、
資金計画をすることによって、
全体でかかる費用をしっかり把握していないと、
後からとんでもない予算オーバーを招く恐れがあります。

さらに、住宅ローンを借りるにあたって
必要となる経費関係も、
選ぶ商品や利用する銀行によって異なってくるし、
火災保険1つをとっても、
建物の構造、補償範囲、
かける年数、範囲などによって、
また、地震保険の加入の有無によって異なってきます。

購入する家具や家電類なども人それぞれですが、
購入するエアコンの台数、買い替える家電・家具、
新たに購入する家電・家具なども、
もちろん家づくりに必要な費用なので、
これらもあらかじめ計画し、
予算を確保しておくようにしないと、
大幅な予算オーバーを招いてしまうことになるんですよね・・・

✔︎"資金計画は家づくりの要"

このように、家づくりには、
土地や家以外にもさまざまな経費がかかるため、
また、それらの費用がご家族によって全然違うため、
家づくりを進めていく前に、
これらを把握するために資金計画をしておくべきです。

仮に、資金計画をしていないまま
家づくりを進めてしまうと、
あなたにとっての理想の予算から、
大きくオーバーしてしまうことになるでしょう。

そして、その帳尻を合わすために、
選ぶべきじゃない住宅ローンを選ばざるを得なくなるか、
あるいは、返済負担を上げざるを得なくなってしまいます。

選ぶべきじゃない住宅ローンを選べば、
ずっとリスクを抱えたまま生活していくことになるし、
もし返済負担が大きく上がってしまったら、
非常に苦しい生活をする羽目になってしまいます。
また、子供や将来のために貯蓄する余裕も
なくなってしまいます。

いずれにしても、
心と財布に余裕を持ちながら、
豊かに暮らしていくことが出来なくなってしまうということです。

ということで、
家づくりをする前にはまず資金計画をすること、
そして、それを自分だけですることが難しいなら、
ファイナンシャルプランナーか、
お金の知識が豊富な住宅会社の方にしてもらった上で
家づくりをしていただければと思います。

それでは、、、