イニシャルコストとランニングコスト

家の大きさは、
単純に建築費用を左右するだけじゃなく、
それに付随して様々な費用も左右します。

例えば、冷暖房の消費電力も違ってきます。
面積が広くなった分体積も大きくなるからです。
また、建物にかかる固定資産税や
都市計画税も違ってきます。

では、土地の広さに関してはどうでしょうか?
もちろん、家が大きくなれば、
その分広い土地が必要となりますよね?

そして、土地の面積が広がるとともに
土地の固定資産税や都市計画税も高くなります。
また、土地が広くなれば、
その分、外構工事費用も高くなってしまいます。

つまり、家の大きさは、
単純に建築コストに影響を与えるだけじゃなく、
こういった費用にも大なり小なり、
影響を及ぼすというわけですね。

✔家をコンパクトにするためには?

それゆえ、家づくりの予算を抑えるためには、
家を大きくしないことが重要なのですが、
とはいえ、やみくもに家を小さくしたのでは、
住みにくい家をつくってしまうことになるので、
必要・不必要をよく精査しなければいけません。

例えば、"廊下"などは、どうでしょうか?

廊下は、部屋と部屋をつなぐための、
ただ通るだけのスペースなのですが、
この廊下をつくることによって、
家の中には温度差が生まれやすくなります。
廊下へと続くドアは、
基本ずっと閉めっぱなしになるからです。

結果、夏は涼しい部屋と暑い部屋の差が
極端に出てしまうことになります。
また、冬は暖かい部屋と寒い部屋の差が、
極端に出てしまうことになります。

部屋の数や広さなども、
廊下同様によく考えてみてもいいところです。

例えば、お子さんが3人いらっしゃるとして、
それぞれの子どものために、
6帖ずつの広さで部屋をつくってあげるとしたら、
6×3=18帖というスペースが必要になります。

しかし、子どもたちは、
かつてあなたがそうしたように、
やがて出て行くのではないでしょうか?
つまり、ずっとその部屋を
使い続けるわけじゃないということです。

この子ども部屋にも、
廊下同様にコストがかかっており、
18帖という広さには、
約450万円コストがかかっているのですが。
もし、この広さを縮めることが出来るとしたら
建築コストを抑えることが出来るようになります。

そして、その浮いたお金を、
子どもたちと遊びに行く費用や、
子どもたちの教育資金などに、
使うことが出来るようになります。

これらは、ほんの一部ですが、
少しずつでも、無駄かもしれない部分を
カットすることが出来れば、
家をコンパクトにすることが出来、
結果、余分な建築コストと、
それに付随する余分なコストを、
抑えることが出来るようになります。

一生に一回の買い物だから妥協したくない・・
後悔したくないからやりたいことを全部詰め込みたい・・
この気持ちも分かります。

しかし、その強い想いに縛られすぎて、
あなたのこれからの大切な人生を
犠牲にするようなことだけは、
絶対にしないでください。

あなたのこれからのためにも、
そして未来ある子どもたちを育てていくためにも、
もっと現実的に、もっと合理的に、
家づくりを考えていただければと思います。

これからの家づくりで心がけておくべきこと

先日、基礎屋さんから
コンクリートの値段が上がったので、
基礎工事の値段を上げて欲しいという
相談があったのですが、
このように建築資材の価格は、
その時の時勢に応じて変化するものです。

また、以前に比べて、
耐震や断熱に対する基準も高くなったため、
建築コストも高くなっているし、
さらに、消費増税も行われたため、
ほんの数年前と比べても、
家づくりに対する負担が、
大きくなっているのが現実です。

他方、物価や税は上昇するも、
肝心の所得の方はというと、
上がってないどころか、
税や社会保険料の負担増により、
むしろ下がってしまったという方も
決して少なくないのではないでしょうか?

✔家づくりも時代に合わせてしなければいけない

それゆえ、これから家を建てるなら、
出来るだけ家づくりにかかるコストを
減らすようにしなければいけません。

そして、品質を落とさず、
それを実現するためには、
面積を小さくするしか方法がありません。

しかし、いくつかの理由から、
家を小さくすることに対する抵抗感が拭えず、
多くの方が大きな家をつくろうとしてしまいます。

理由1:みんながそうしているから

住宅展示場や完成見学会に行くと、
1階には広いリビングの他に和室があって・・
2階には寝室と人数分の子ども部屋があって・・
各部屋に、それぞれ収納がある上に、
大容量のウォークインクローゼットや納戸もあって・・
ご主人専用の書斎があって・・
奥さん専用の家事室があって・・
自分たち用の玄関の他に来客用の玄関があって・・
というお家をよく目にしたのではないでしょうか?

そして、このような家を見続けていった結果、
多少経済的な負担を背負ってでも、
自分たちの家にも、
これらの要素を求めるようになります。

理由2:家を坪数で判断してしまうから

そして、2つ目の理由が、
「家はこれくらいあるものだ」という固定概念です。
「最低30坪で、出来れば40坪ぐらいは欲しい」という。

おそらく、こうなってしまう一番の理由は、
"みんながそうしているから"だと思いますが、
それだけの大きさが、
暮らし的にも予算的にも必要なものなのかどうか、
そんなに深く考えずに決めてしまっていませんか?

理由3:虚栄心から

最後に、3つ目の理由として、
"小さな家を建てることが恥ずかしい"ということも、
少なからずあるのではないかと思います。

みんなより小さな家になってしまうことに対して、
劣等感を抱いてしまうとか、
カッコ悪いことだと思ってしまうということですね。

また、家だけに限らず土地に関しても、
出来るだけ広く買いたいという感情を、
少なからず誰もがお持ちなのではないでしょうか?

そして、冷静に自分自身の
予算と照らし合わせが出来なくなり、
適正な予算を遥かにオーバーした
買い物をしてしまう・・・というわけです。

いかがでしょうか?

このような理由から、
また広いに越したことはないという考えから、
どうしても家が大きくなってしまうわけですが、
ゆとりを持った暮らしをしていくためには、
出来るだけ家をコンパクトにし、
家のコストを抑えるようにしなければいけません。

ということで、"家はこういうものである"
という固定概念に縛られず、
資金計画によって自分自身の予算を知り、
その予算の中で出来る無理のない
家づくりをしていただければと思います。

正しい資金計画をするために知っておくべきこと

"厚生年金の加入要件を満たしながら、
国民年金にしか入っていない労働者が
約156万人に上ることが、
厚生労働省の推計で分かった。
厚生年金に加入しないと将来の年金額は少なくなる。
平成29年の国民年金の加入者に対する
調査で就業状況を元に推計した。"


これは、とある新聞に載っていた記事ですが、
企業側が厚生年金の保険料負担を嫌がった結果、
こういう状況になってしまっているという内容です。
そして、そんなことをしている企業が、
全国で約40万もあるようです。

もちろん、厚生労働省も国税庁と連携し、
加入指導を強化していくとのことですが、
今後この年金問題は、
もっともっと深刻な問題に
なっていきそうな感じですし、
私たちにとっても、
決して他人事じゃありませんよね。

というのも、私たちは、
国から支給される年金だけでは、
とてもじゃないけど
老後生活をやっていけないからです。

国が発表したデータによると、
65歳以降の夫婦にかかる最低生活費は、
平均的な年収の夫と専業主婦の妻が
支給される年金額を上回っているとのことでした。
具体的には、約22万円という年金額に対して、
最低生活費は、約22.5万円かかるとのことです。

しかも、これには居住費や、
旅行や趣味、子や孫に対する資金援助などの
ゆとり資金が入っておらず、それらも含めると、
65歳までに住宅ローンを完済していることを前提として、
さらに毎月13万円前後必要になるとのことです。

それゆえ、私たちは、
厚生年金までかけておくことはもちろん、
国から支給される公的年金だけじゃなく、
上積み分として、自分自身で
私的年金をかけていく必要があります。
若いうちから計画的にコツコツと、です。

✔先のことまで考えた資金計画を!

家づくりをする時には、
絶対に資金計画をしないといけないのですが、
その際には、老後資金や進学資金のことも
加味した上で計画を立てるようにすべきです。

例えば、老後資金の備えとして、
私的年金の1つに
個人型確定拠出年金のiDeCoがあるのですが、
これは、会社員なら毎月23,000円を上限に
加入することが出来る個人年金です。

なぜ、これをご紹介したのか?というと、
この掛け金は、全額所得控除の対象となるからです。
例えば、毎月23,000円をかけた場合、
年間で276,000円が貯まるのですが、
それだけじゃなく納めた所得税が還付されます。
仮にあなたの所得税の税率が10%としたら、
年末調整で27,600円が返ってくるということですね。

また、10%の住民税も安くなるので、
さらに27,600円もの節税効果がある
ということになります。

つまり、年間で合わせて約55,000円もお金増える
ということになるのですが、
銀行や生命保険でこれだけお金が増えるということは
絶対にあり得ません。

これは、1つの例ですが、
これからの不確実な未来に備えるためには、
誰もが自分自身で勉強し、
ある程度お金に対する正しい知識をつけ、
自己責任でお金を貯めていく必要があります。

そして、その余力が出来るように、
無理のない返済計画でもって、
家づくりの計画を立てなければいけません。

ということで、
間違っても、家を建てたことで、
これから先が苦しくなるような資金計画だけは
立てないようにしていただければと思います。

"日当たりが悪い土地=暗い家になる"という嘘

例えば、土地面積が50坪以下と小さく、
かつ南側に2階建ての家が建っている土地で
家を建てなければいけないとしたら、
どのようにお家を建てて欲しいと
住宅会社にご希望されますか?

出来るだけ南側の家から距離をとってもらって、
一番南側に配置してもらいたいリビングに、
光が入ってきやすいようにしてもらいますか?

あるいは、南からの光は諦めて、
道路の方向から光を採り込んでもらいますか?

あるいは、リビングに吹抜けをつくり、
2階の窓から光を採り込んでもらいますか?

ということで、今回は、
まさに先程お伝えさせていただいたような土地で、
建てたお家についてお伝えさせていただきます。

その土地は、面積が50坪以下と小さく、
かつ敷地の南側に2階建てのアパートが建っており、
パッと見た感じでは、
日当たりに難がありそうな土地でした。

また、それに加えて、
ワンルームアパートであるがゆえに、
人の出入りも激しいし、
かつ、人の入れ替わりも周期も早く、
防犯やプライバシー面のことも
充分に考えた間取りにしないと、
安心して過ごしにくい家になってしまう・・
という側面を持っている土地でした。


✔日当たりが悪そうな土地でも南からの光を採り込む方法


そのような条件の土地で、
ご提案させていただいたプランは、
「平屋」のお家でした。

4.jpg

そして、リビングダイニングキッチンを、
敷地の一番南ではなく、
敷地の一番北に配置させていただきました。
リビングダイニングキッチンの中心に、
南に面して3.5mワイドの窓を設置しつつ、です。

このように設計することで、
南に建っているアパートから
より長く距離をとることが出来、
南からの日照を確保出来るようになります。

しかも、南につくったこの窓からは、
自分の家の部屋か空しか見えません。

つまり、南に建っているアパートも見えなければ、
逆にアパートからも、
こちらの家の中が見えないようになっている
というわけですね。

結果、カーテンで窓を閉じる必要がなくなり、
光を室内に採り込めるだけじゃなく、
同時に、安心して過ごしていただけるようにもなりました。

また、南の建物のせいで日陰となる場所に
配置せざるをえない部屋に関しては、
南からの光に頼るのではなく、
"中庭"の外壁や、室内の壁に当たった
光を反射させ拡散することで、
光を届けるようにしています。

それゆえ、弊社では外壁材はもちろん、
室内の壁やドアなど全てに"白"を使い、
より光を反射・拡散させやすくしている
というわけですね。

いかがですか?

南側に家が建っている土地は、
一見、日当たりが悪そうに感じてしまい、
誰もが敬遠してしまう土地だと思います。

しかし、間取りにこのような工夫が出来れば、
むしろ、土地が持つ悪い条件を逆手にとって、
より暮らしやすい家をつくることが出来ます。

また、このような条件の悪い土地は、
そもそも価格設定が安くされているし、
さらに価格交渉もしやすいことから、
より安く土地が買いやすい
というメリットもあります。

ということで、
「日当たりが悪い土地=暗い家になる」
という思い込みは、
捨てていただければと思います。

どんな土地でも、
明るくて住みやすい家を
つくることは出来ますから。

アメリカ西海岸テイストのお家

広大な青空の下でたたずむ白いシンプルなお家。
1.jpg

幅の広い金属板を1枚1枚丁寧に
重ね張りして仕上げているかのような
ラップサイディング調の真っ白な外壁材を使用し、
アクセントとして、空と同じブルーで
屋根を仕上げたこちらのお家。

ファサードは、
換気扇、エアコンの配管、樋といった
外観を乱す余分な部材の一切を排除し、
究極にスッキリと仕上げました。

結果、美しい見た目になると同時に、
長きに渡って美しい外観を
保ちやすくしています。

2.jpg
また、床材には"アカシア"という
個性的な無垢材を使っているのですが、
この個性を最大限に引き出すために、
床材以外の全ての仕上げを
基本白で統一させていただきました。

壁の色、天井の色、室内のドアの色、棚の色
キッチンの色、サッシの色、照明器具の色、
といった全ての部材を、です。

このように家の中に使う色を、
2色に絞ることで、
統一感あるスッキリした仕上がりになると共に、
入居後に置くダイニングテーブルや
ソファー・ベッドといったインテリア家具も、
ずいぶんと選びやすくなります。

さらに、よりスッキリ感を出すために、
家の中に使う部材も減らしつつ、
より空間に広がりが感じられる
工夫を施しています。

例えば、窓の周りに設置する
窓枠を一切使っていません。
また、外に出られる大きな窓は、
天井と同じ高さに合わせているし、
同時に、室内のドアの高さも
天井と同じ高さに合わせています。

かつ、ドアは壁と同化するように、
フラットタイプのモノを使い
ドア枠も使っていません。

このような工夫を施した結果、
空間に出来る凸凹を最小限に抑えられ、
よりスッキリした空間に仕上がるし、
より明るくて開放的な空間になる
というわけ、なんですよね。

3.jpg

そして、西海岸テイストで、
欠かせないのが"ウッドデッキ"です。

こちらのお家は、
家族でバーベキューを楽しむことが多い
ということなので、
ゆったりと使えるように、
また友人を招いて楽しめるように、
12帖という広さで仕上げさせていただきました。

もちろん、ウッドデッキを心おきなく
使っていただけるようにするために、
道行く人たちからの視線が一切気にならないように
間取りの工夫もさせていただきつつです。

いかがですか?

昼間は、ウッドデッキからだけじゃなく、
リビングからもダイニングからも、
そしてキッチンからも、
空を眺めることが出来るし。
夜は、星空を眺めることが出来るので、
自宅に居ながら、非日常感を味わいつつ、
素敵な時間を過ごしていただけそうなこちらのお家。

このように、日常の暮らしが
より豊かになるような素敵な住まいを、
ご提供させていただいているので、
ぜひ一度、弊社の住まいを
見に来ていただければと思います。

きっと、あなたの家づくりの視野も広がるし、
同時に家づくりに対する様々な不安も
一気に払拭されるはずですから。

「穴が空いている=弱い」という思いこみ

"お風呂場に置く椅子の真ん中には、
なぜ穴が空いているのでしょうか?"

1.お尻が椅子に引っ付きにくいから?
2.椅子に水が溜まりにくくなるから?
3.指が入れられて持ち運びしやすいから?
4.椅子とセットで使う桶が差し込めるから?

さて一体どれなんでしょうか?

先日テレビをボーッと観ていると、
このような内容が放送されていたので、
興味津々で観ていたのですが、
この答えって分かりますか???

この答えがなんだったのか?と言うと、
先程の選択肢のどれでもなく、
実は、真ん中に穴を開けることで、
強度を増しているとのことでした。
上からかかる荷重を、
うまく分散させているということのようです。

なるほどー。

✔中庭は耐震的には悪い?

椅子の真ん中に穴が空いていると、
強くなるというより、
逆にグラグラして弱くなるんじゃないかって、
普通は考えてしまいますよね。

"中庭"があるお家は、
耐震性が悪いんじゃないか?
と、思ってしまうのと同じように。

しかし、このお風呂の椅子同様に、
"中庭"があるお家も耐震性が悪いのか?
と言うと、全くそうではありません。

というのも、中庭をつくることで、
プライバシーを守りながら、
室内への採光を確保出来るので、
結果的に、家の外周部に、
大きな窓を設置する必要がなくなるからです。

つまり、家の外周部に、
柱や壁がたくさん出来ることにより、
構造が安定し耐震性が高くなるというわけですね。

✔耐震性をアップさせるための工夫

弊社では、より耐震性に優れた家にするために、
基本2階をつくらないようにしています。

2階部分は1階部分に比べて、
風の抵抗や車両通行による
揺れの影響を受けやすくなるからです。

また、2階に多くの部屋をつくってしまうと、
2階が重くなってしまい、
単純に耐震性が悪くなっていってしまいます。

細かい仕切りが多くなり、
柱や壁が増えてしまいがちな2階に対して、
LDKという大空間をつくる1階は、
柱や壁が少なくなりがちな上、
より多くの光を採りこむために、
大きな窓をつくってしまいやすく、
さらに柱や壁が減ってしまいがちだからです。

その点、出来るだけ平屋で
家をつくるようにすれば、
耐震面を心配することなく、
採光的にも、プライバシー的にも、
防犯的にも優れた、より暮らしやすい
お家がつくりやすくなります。

もちろん、敷地との関係性もあるので、
どんな土地でも平屋が建てられる
わけじゃないんですけどね。

ということで、
家の基本は"平屋"から始まり、
敷地におさまりきらなかった場合のみ、
2階に載っけていくという考え方を、
ぜひ覚えておいていただければと思います。

住宅ローンの現実

家を持てば、
住宅ローンや固定資産税だけじゃなく、
生涯払い続けていかないといけない電気代・・
家を長持ちさせるために必要なメンテナンス費用・・
といった維持費がかかり続けます。

それゆえ、毎月の返済額は、
これら全てを理解した上で
決めるようにしないといけないのですが、
同時に、少子高齢化が進んでいることも
考慮しなければいけません。

つまり、今後、税や社会保険の負担が上がり、
結果、給料の手取り金額が下がってしまうこと、
かつ、年金の受給金額も下がることと、
年金の受給年齢も引き上げられることを
前提としてライフプランを考えないといけない
ということです。

さらに、大学への進学が当たり前となった現在、
進学を前提とした子どもたちへの教育費用も
今のうちから準備していかないと、
とてもじゃないけど
全く追いつかないのではないでしょうか?

それゆえ、家を建てることによって、
日々の暮らしだけじゃなく、
子どもたちの未来や自分たちの老後生活が、
犠牲になるようなことにならないように、
無理のない予算で家づくりをしなければいけない
というわけ、です。

たとえ、家というものが一生に一回しか出来ない、
夢と希望に満ちあふれた買い物であったとしても、です。

✔住宅ローンに対する認識を厳しく持つ

また、住宅ローンという借金は、
ものすごく多額の利息を支払うことになるローンだ
ということを認識しておくことも大切です。

住宅ローンは、期間が長い分、
雪だるま式にどんどん利息が
積み重なっていってしまうからです。

貯蓄がたくさんあり、
かつ親御さんからの資金援助や土地提供がある方なら、
ローン負担が少なくて済みますが、
そうじゃないとしたら、
つまりあなたが、自己資金も少なく(あるいはなく)、
土地から購入しなければいけないのだとしたら、
そもそも家づくりにかける費用を、
現実的に考えていく必要があります。

たとえ、あなたの支払い能力以上の
住宅ローン融資を受けることが出来るとしても、です。

とりわけ注意が必要なのは、
夫婦共働きの場合ですね。
2人の収入を合算すれば、
いくらでも借入れすることが出来てしまうからです。

銀行側から見ると、
住宅ローンは、とても手堅い貸し付けです。
何にも優先して返済してくれるものだからです。

それゆえ、銀行は可能な限り
希望に近い金額を融資してくれようとします。
また、お付き合いがある住宅会社からの紹介ともなれば、
多少厳しい条件だったとしても、
なんとか融通してくれようとするものだったりもします。

これが住宅ローンの現実です。

家を建てるときは、
どうしても気持ちが大きくなってしまうものです。
それゆえ、いとも簡単に、
自分たちのキャパを超える
住宅ローンを組んでしまいます。
そして、少しでも目先の返済を少なくしようと、
選ぶべきじゃない住宅ローンを選んでしまったりします。

ご夫婦2人が、
なんの支障もなく働き続けることが出来るうちは、
この予算オーバーも、
それほど大きな問題にはならないかもしれません。

しかし、なんらかの事情が起こり、
仮に、どちらかが働けない状況に
なってしまったとしたら?

あるいは、なんとか暮らしていけたとしても、
暮らしていくだけで精一杯で、
全く貯蓄していくことが出来ないとしたら?

絶対に、豊かな暮らしを
続けていくことなんて出来ないですよね?

ですから、家づくりでは、
先のことも考えた上で資金計画を行った上で、
自分たちに合ったローンを選び、
その予算の中で、自分たちが出来る
家づくりを行っていただければと思います。

家と庭の予算圧縮に欠かせない要素

面積が大きくなれば、家の価格は高くなるし、
面積が小さくなれば、家の価格は安くなります。

それゆえ、家の品質や性能を損なうことなく
家の価格を最小限に抑えるためには、
家をコンパクトにする必要があります。

とはいえ、ただ単にコンパクトにしただけでは、
使いにくく住みにくい家になってしまうので、
カットしていいところとしてはいけないところの
見極めが大切になってきます。

では、家の予算圧縮するために
カットして良さそうなところはどこなのでしょうか?

✔廊下って必要?

「絶対に廊下が欲しい!」と思っている方は、
おそらくゼロだと思いますが、
気がついたら存在しているのがこの廊下です。

2階建ての家の場合は、なおのことです。
2階につくった各々の部屋やトイレ、
収納などへと続く通路が必要になるからです。

もちろん、この廊下にも、
部屋や収納と同じようにコストがかかっているので、
ただ通るだけの廊下をカット出来れば、
その分、家にコストは安くなりますよね?

廊下がなくなることによって、
家の中に出来る温度差も緩和出来るので、
快適性もよりアップするわけですしね。

✔和室って必要?

来客用やもしもの時に備えて、
1階に和室をつくるのが
家づくりの1つの常識となっています。

しかし、ごくたまにしか使わないであろう
この部屋は本当につくる必要があるのでしょうか?
わざわざ200万円も余分にコストをかけて。

とはいえ、1階がリビングだけだと、
片付けがしにくい家になってしまうし、
使い勝手が悪い家になるし、
将来、増築という無駄な出費を招く恐れがあります。

それゆえ、和室をなくすためには、
1階を、より充実させる間取りづくりを
意識していただく必要があります。

✔部屋の広さってそれだけ必要?

住宅展示場を見に行くと、
寝室が10帖あり、見た瞬間
「うわー!こんなゆったりとした寝室憧れるなー!!」
と思いませんでしたか?

でも、寝室ってこんなに広く必要なんでしょうか?

というのも、
ほとんどの時間をリビングで過ごすからです。
つまり、寝室はただ寝るだけの部屋だから、です。

また、現在は化粧台やタンスを
嫁入り道具として持ち込むこともなければ、
テレビも場所をとらなくなっているので、
なおのこと部屋を広くとる必要がありません。

子ども部屋も然りです。
子供たちはやがて家を出ていくからです。
そして、そのほとんどが
出て行ったきり帰ってこないからです。

それゆえ、子ども部屋は、
子どもたちの部屋としてだけ考えるのではなく、
その後の用途のことも考えて
つくるようにすべきだし、
同時に、そんなに広くつくる必要もありません。

いかがですか?

このように考えていくと、
家の面積を小さくすることが出来ます。
結果、家だけに限らず、
光熱費や固定資産税も安くなるし、
土地の面積もカット出来るようになり、
土地代や土地の固定資産税も安くなります。

ということで、
建てた後の暮らしによりゆとりが持てるように、
家をコンパクトにすることについて、
真剣に考えてみていただければと思います。