住宅ローンの現実

家を持てば、
住宅ローンや固定資産税だけじゃなく、
生涯払い続けていかないといけない電気代・・
家を長持ちさせるために必要なメンテナンス費用・・
といった維持費がかかり続けます。

それゆえ、毎月の返済額は、
これら全てを理解した上で
決めるようにしないといけないのですが、
同時に、少子高齢化が進んでいることも
考慮しなければいけません。

つまり、今後、税や社会保険の負担が上がり、
結果、給料の手取り金額が下がってしまうこと、
かつ、年金の受給金額も下がることと、
年金の受給年齢も引き上げられることを
前提としてライフプランを考えないといけない
ということです。

さらに、大学への進学が当たり前となった現在、
進学を前提とした子どもたちへの教育費用も
今のうちから準備していかないと、
とてもじゃないけど
全く追いつかないのではないでしょうか?

それゆえ、家を建てることによって、
日々の暮らしだけじゃなく、
子どもたちの未来や自分たちの老後生活が、
犠牲になるようなことにならないように、
無理のない予算で家づくりをしなければいけない
というわけ、です。

たとえ、家というものが一生に一回しか出来ない、
夢と希望に満ちあふれた買い物であったとしても、です。

✔住宅ローンに対する認識を厳しく持つ

また、住宅ローンという借金は、
ものすごく多額の利息を支払うことになるローンだ
ということを認識しておくことも大切です。

住宅ローンは、期間が長い分、
雪だるま式にどんどん利息が
積み重なっていってしまうからです。

貯蓄がたくさんあり、
かつ親御さんからの資金援助や土地提供がある方なら、
ローン負担が少なくて済みますが、
そうじゃないとしたら、
つまりあなたが、自己資金も少なく(あるいはなく)、
土地から購入しなければいけないのだとしたら、
そもそも家づくりにかける費用を、
現実的に考えていく必要があります。

たとえ、あなたの支払い能力以上の
住宅ローン融資を受けることが出来るとしても、です。

とりわけ注意が必要なのは、
夫婦共働きの場合ですね。
2人の収入を合算すれば、
いくらでも借入れすることが出来てしまうからです。

銀行側から見ると、
住宅ローンは、とても手堅い貸し付けです。
何にも優先して返済してくれるものだからです。

それゆえ、銀行は可能な限り
希望に近い金額を融資してくれようとします。
また、お付き合いがある住宅会社からの紹介ともなれば、
多少厳しい条件だったとしても、
なんとか融通してくれようとするものだったりもします。

これが住宅ローンの現実です。

家を建てるときは、
どうしても気持ちが大きくなってしまうものです。
それゆえ、いとも簡単に、
自分たちのキャパを超える
住宅ローンを組んでしまいます。
そして、少しでも目先の返済を少なくしようと、
選ぶべきじゃない住宅ローンを選んでしまったりします。

ご夫婦2人が、
なんの支障もなく働き続けることが出来るうちは、
この予算オーバーも、
それほど大きな問題にはならないかもしれません。

しかし、なんらかの事情が起こり、
仮に、どちらかが働けない状況に
なってしまったとしたら?

あるいは、なんとか暮らしていけたとしても、
暮らしていくだけで精一杯で、
全く貯蓄していくことが出来ないとしたら?

絶対に、豊かな暮らしを
続けていくことなんて出来ないですよね?

ですから、家づくりでは、
先のことも考えた上で資金計画を行った上で、
自分たちに合ったローンを選び、
その予算の中で、自分たちが出来る
家づくりを行っていただければと思います。

PageTop