アメリカ西海岸テイストのお家

広大な青空の下でたたずむ白いシンプルなお家。
1.jpg

幅の広い金属板を1枚1枚丁寧に
重ね張りして仕上げているかのような
ラップサイディング調の真っ白な外壁材を使用し、
アクセントとして、空と同じブルーで
屋根を仕上げたこちらのお家。

ファサードは、
換気扇、エアコンの配管、樋といった
外観を乱す余分な部材の一切を排除し、
究極にスッキリと仕上げました。

結果、美しい見た目になると同時に、
長きに渡って美しい外観を
保ちやすくしています。

2.jpg
また、床材には"アカシア"という
個性的な無垢材を使っているのですが、
この個性を最大限に引き出すために、
床材以外の全ての仕上げを
基本白で統一させていただきました。

壁の色、天井の色、室内のドアの色、棚の色
キッチンの色、サッシの色、照明器具の色、
といった全ての部材を、です。

このように家の中に使う色を、
2色に絞ることで、
統一感あるスッキリした仕上がりになると共に、
入居後に置くダイニングテーブルや
ソファー・ベッドといったインテリア家具も、
ずいぶんと選びやすくなります。

さらに、よりスッキリ感を出すために、
家の中に使う部材も減らしつつ、
より空間に広がりが感じられる
工夫を施しています。

例えば、窓の周りに設置する
窓枠を一切使っていません。
また、外に出られる大きな窓は、
天井と同じ高さに合わせているし、
同時に、室内のドアの高さも
天井と同じ高さに合わせています。

かつ、ドアは壁と同化するように、
フラットタイプのモノを使い
ドア枠も使っていません。

このような工夫を施した結果、
空間に出来る凸凹を最小限に抑えられ、
よりスッキリした空間に仕上がるし、
より明るくて開放的な空間になる
というわけ、なんですよね。

3.jpg

そして、西海岸テイストで、
欠かせないのが"ウッドデッキ"です。

こちらのお家は、
家族でバーベキューを楽しむことが多い
ということなので、
ゆったりと使えるように、
また友人を招いて楽しめるように、
12帖という広さで仕上げさせていただきました。

もちろん、ウッドデッキを心おきなく
使っていただけるようにするために、
道行く人たちからの視線が一切気にならないように
間取りの工夫もさせていただきつつです。

いかがですか?

昼間は、ウッドデッキからだけじゃなく、
リビングからもダイニングからも、
そしてキッチンからも、
空を眺めることが出来るし。
夜は、星空を眺めることが出来るので、
自宅に居ながら、非日常感を味わいつつ、
素敵な時間を過ごしていただけそうなこちらのお家。

このように、日常の暮らしが
より豊かになるような素敵な住まいを、
ご提供させていただいているので、
ぜひ一度、弊社の住まいを
見に来ていただければと思います。

きっと、あなたの家づくりの視野も広がるし、
同時に家づくりに対する様々な不安も
一気に払拭されるはずですから。

PageTop