スペックとコストを左右するもの

おはようございます。
ワンクラフトの松下です。

家づくりでは、
日当たりの良い方向には、
大きな窓をつくることが、
ごく当たり前となっています。

しかし、そうすれば、
その窓から光も入ってきますが、
同時に視線も入ってくることになります。

結果、視線を遮断するために、
カーテンをしなければいけなくなるのですが、
目隠しのためにカーテンをするということは、
イコール日中の光をずっと遮断してしまう
ということでもあります。
昼間ずっとカーテンが開けられませんからね。
そして、朝からずっと照明が必要になります。

また、カーテンにも
それなりのコストがかかってくるため、
家づくりのコストも増えることになるし、
この窓には、直風がもろに当たることから、
同時にシャッターも必要となり、
さらにコストが嵩むことになります。

さらに、室内を見えにくくするために、
防犯対策も兼ねて
外構工事をせざるを得なくなりますが、
そうなれば、もちろん外構工事のコストは
割高になってしまいます。

つまり、カーテンありきで
間取りをつくってしてしまうと、
付随する出費が色々と出てくることになる
というわけなんですよね。

それゆえ、家のコストを合理的に
かつ総合的に落とすためには、
「窓のつくり方」が、
カギを握っているというわけですね。

✔︎窓を少なくした方がいい理由

そして、コスト面以外にも、
窓は少ない方がいい理由があります。

まず、窓が少なくなれば、
必然的に耐震性が高くなります。
窓がない分、壁の量が増えるからです。

そして、それと同時に、
断熱性能も高くなります。
単純に、断熱材が入った壁の方が、
窓よりも断熱性能が高いからです。

また、窓が少なくなれば、
外壁にできる汚れもその分少なくなります。
外壁の汚れの一番の原因は、
窓の両脇から垂れることによって
出来るシミだからです。

それと同時に、
窓が少なくなれば窓拭きや網戸掃除などの
手間も減ることになりますしね。

さらに、窓が少なくなれば、
その分、収納も増えます。
単純に壁の量が増えることで、
壁面を使いやすくなるからです。

しかも、壁面が使いやすくなれば、
家具の配置もしやすくなるし、
模様替えなどもしやすくなるので、
部屋の使い方の自由度もアップしますしね。

このように、
家の中の明るさが充分確保出来、
かつ、風を通したい時、
心おきなく通せるのであれば、
窓の数をわざわざ増やす必要はない、
ということなんですよね。
そもそも窓のコストも高いですからね・・・

✔︎比例しない窓の数と開放感

外から見た時、
たくさん窓があるお家は、
一見家の中がものすごく明るいと
イメージされることでしょう。

しかし、その窓の多くには、
視線を遮るためのカーテンがつけられ、
朝から照明なしでは過ごすことが出来ません。

そして、カーテンによって
外の景色も見えなくなるため、
開放感もそう感じることが出来ません。

他方、外から見た時、
窓がほとんどないお家は、
一見家の中がものすごく暗いと
イメージしてしまうと思います。

しかし、そのお家の窓には、
カーテンが一切必要ないとしたら?
そして、その窓からたくさんの光が
室内に入ってきているとしたら?
さらに外や空がいつも感じられるとしたら?

光に満ちた明るい空間であり、
かつ、開放感に溢れた
豊かで贅沢な空間が出来上がります。

ということで、
コストを合理的にカットするためには、
窓のつくり方もよく考えなければいけない
ということを、
覚えておいていただければと思います。

それが、結果的に、
余分なコストを掛けることなく、
自然にスペックも高める要素となりますから!

それでは、、、

小さな家の収納づくり

おはようございます。
ワンクラフトの松下です。

さて、今回は、
ついつい大きくなってしまう場所について
お伝えしていきたいと思うのですが、
さて、それは一体どこだと思いますか?

リビングでしょうか?
それとも書斎でしょうか?

✔︎あればあるほどいいと思う場所

ヒントはこれです。
お分かりになりました??

その答えは「収納」です。
どれだけあってもいいと思う場所ですよね。

しかし、実際のところは・・と言うと、
ただ単に収納を増やしても、
それに比例して収納力が上がるわけでもなく、
また片付けやすくなるわけでもありません。

それどころか面積が大きくなった分、
コストが上がってしまうことになるので、
コストを増やさずに収納を増やす方法を
知っておく必要があります。

✔︎「床面積=収納量」ではない

収納を考える上で知っておくべきことは、
収納の床面積を増やしたからといって、
収納量がアップするわけじゃない
ということです。

例えば、幅も奥行きも
それぞれ91cmの収納と
幅が2倍で奥行きが半分の収納は、
いずれも半帖という広さになりますが、
収納力や使い勝手は同じなのでしょうか?

この2つの収納は、
床面積が全く同じであるものの、
前者よりも後者の方が、
圧倒的にたくさんの物を
収納しておくことが出来ます。

では、その理由を考えてみましょう。
まず、前者の場合、
奥行きが78cmもあるのですが、
そもそもあなたの持ち物の中に、
そんなに奥行きが必要なものがあるでしょうか?
(せいぜい布団ぐらいでは?)

かといって、
奥行きをうまく利用するのも
なかなか難しいものです。
手前になにか置いてしまうと、
奥の物を取ろうとした時に、
いちいちのけないといけないからです。

また、奥に何を置いてあるのか
忘れてしまうこともあるでしょうし、
いちいち取り出すぐらいなら、
買ったほうが早いとなり
買うとなれば出費は増えるわ・・・
同じ物がまた増えるわ・・・
そして置く場所にまた困るわ・・・
という負のスパイラルに
陥りやすくなってしまいます。

他方、後者の収納は、
奥行きが浅くなるため、
手前になにかを置くことが出来ないし、
幅が2倍になったということは、
前者の収納の2倍多く、
物を陳列することが出来るようになります。

✔︎高さを有効利用するという考え

さらに、収納で大事なことは、
天井までの高さを、
いかに無駄なく使うかということです。

天井高が2m40cmだとしたら、
棚を2枚設置し、
1段あたり80cmのスペースにするのか?
棚をもう3枚増やして5枚し、
1段あたり40cmのスペースにするのか?では、
収納力に圧倒的な差が出るのは、
一目瞭然ですからね。

これを具体的に計算してみると、
78cm×3段=234cm、
169cm×6段=1014cm、
と最大で4.33倍も収納力に差が出てしまう
というわけですね。

このようにつくり方さえ分かっていれば、
無駄にコストを上げなくとも、
たくさんモノが置け、
片付けしやすく、また管理しやすい
収納をつくることが出来るようになります。

それどころか、これらを応用して、
収納を考えていくことが出来れば、
逆に面積を縮めながら、
より豊富な収納をつくることが出来ます。

ということで、
収納もただ単純にたくさんつくれば
それでいいわけではないということを、
覚えておいていただければと思います。

収納が増え、
面積が増えることによって喜ぶのは、
それによって建築コストが上がる
住宅会社だけですからね。

それでは、、、

土地探しのルールとその理由

土地探しのご依頼さえいただければ、
うちも土地探しをするのですが、
その際は、いちいち土地ごとに、
不動産屋さんに問い合わせをして
資料を送ってもらうのではなく、
いつも同じ不動産屋さんに
エリアと価格だけお伝えして、
まとめて資料を送ってもらうようにしています。

そして、送ってもらった土地を
全て自分たちで見に行き、
物件を選定した上で、
ご提案させていただいています。

おはようございます。
不動産屋さんにいつも厳しい予算で
土地探しをお願いするので、
時々、予算にゆとりがあったりすると、
「えっ!?」ってびっくりされてしまう
ワンクラフトの松下です。

では、そうしている理由について
今回はお伝えしていきますね。

まず、なぜいつも同じ不動産屋さんに
お願いしているのかと言うと、
うちからの依頼は、
他の建築会社さんからの依頼に比べて
かなり儲けが少ないからです。

不動産屋さんの儲けは、
土地の価格に依存するので、
(土地の価格にパーセンテージを乗じて計算するからです)
平然と相場の半値ぐらいで探して欲しい
とお願いしてくるうちからの依頼は、
向こうからしたら全くおいしくない話です。

土地の価格に関係なく、
かかる手間と労力は同じですからね。

この上、散々あちこち動かされた結果、
他の不動産屋さんで決めました、
なんて言われたら、
もうやってられないですよね・・・

だから、たとえ少なくとも、
毎回、絶対にその方に手数料が入るように
しているというわけです。

これが、結果的に、
家を建てるお施主さんに
良いこととして跳ね返ってくるわけですしね。
掘り出し物情報を、
優先的に回してもらえるという形で、です。
自分自身ではやりにくい価格交渉も、
積極的にやってもらえますしね。

✔︎絶対ルールは予算が分かってから

では続いて、
探し方のルールについてお伝えしていきますね。

土地を探す時、
絶対にやってはいけないことが、
自分だけで勝手に予算を決めて
探し始めるということです。
これはホントサイアクです・・・

これをやってしまうと、
99.9999%高い土地を買ってしまい、
大幅に予算オーバーすることになります。
そして、それが後々あなたの家計を苦しめ続けます。

例えば、あなたが住みたいエリアの
土地相場が1000万円だとします。
そして、あなたが払えるローンの
上限額が毎月8万円で、
自己資金がゼロだとします。

この場合、家にどれくらい予算を
使うことが出来るかお分かりになりますか?

この場合、土地や諸経費などを
全て差し引いていくと、
1400万円ぐらいになるのですが、
あなたが希望する家が、
その予算では全く話にならないとしたら、
これは非常に厳しい現実ですよね・・・

それゆえ、この場合は1000万円ではなく、
もっともっと低い予算で
土地を探すようにしないといけない
というわけですね。

そして、その現実を知るために
しなければいけないのが、
土地の予算決めというわけですね。

✔︎どんな家を建てたいかも明確にする

そして、もう1つ決めておかないといけないことが、
どんな家にしたいのかということです。

この理由は2つです。
1つは、自分が建てたいと思っている家に、
一体どれくらい予算がかかるのかを
あらかじめ知っておいた方が、
より具体的に土地予算が出せるから。

そして、もう1つの理由が、
建てたいと思っている
家に合わせて土地を探すことが出来るからです。

だから、この話も
予算を決める資金計画の時に一緒にしておくと、
なおのことあなたにピッタリの
土地選びが出来るようになるというわけですね。

いかがですか?
これが、うちが土地を探す時に
いつもやっていることです。

まっ、いくらでもお金をかけてもいい
と思っている方は、
こんなこと一切気にせず
探してもらってもいいんですが、
仮にあなたが、少なからず
お金に不安を感じているとしたら、
ぜひぜひ、この流れを
参考にしていただければと思います。

これ、めちゃくちゃ大事な話です。
それでは、、、

今とちょっと先とずっと先と

家づくりをする時に、
よく考えていただきたい部屋が
子供部屋です。

というのも、子供部屋をどう考えるか?
そして、どうつくるかによって、
家のコストが全く違ってくるからです。

それゆえ、当たり前のように、
子供部屋を2階につくったり、
1人に1部屋つくったり、
6帖でつくろうとせず、
コスト面や将来のことまで考えて
つくるようにしていただければと思います。

おはようございます。
ワンクラフトの松下です。

さて、今回は、
子供部屋の場所、数、広さについて
一つ一つ紐解いていってみますね。

例えば、当たり前のように
子供部屋を2階につくるとなれば、
1階には客間とプレイルームを兼ねた部屋が、
リビングとは別で必要になります。

子供たちが小さいうちは、
2階にある自分たちの部屋を
使ってくれないからです。

結果、その余分な部屋のために、
150万円〜200万円ものコストが
かかることになります。

他方、子供部屋を1階につくれば、
この余分な部屋をつくる必要がありません。
そもそも自分の部屋を
プレイルームとして使えばいいし、
親御さんが泊まりに来た時は、
子供部屋で寝てもらえばいいからです。
子供たちは親と一緒に寝ているわけですからね。

また、子供部屋の数はいかがでしょうか?
お子さんの数が1人や2人なら、
1人1部屋つくっても問題ありませんが、
それ以上の場合、1人1部屋つくるとなると、
コストが上がってしまうのはもちろん、
将来、持て余すようになりますよね?
子供たちは高い確率で、家から出ていくからです。

それゆえ、単純に人数分子供部屋をつくるという
選択をするのではなく、
子供達の年齢や性別なども踏まえつつ、
かつ、やがて出ていくことも想定しつつ、
どのように子供部屋をつくるのかを
考えなければいけません。

もちろん、予算的に問題ないのであれば、
減らす必要はないんですけどね。

さらに、子供部屋の広さについては、
いかがでしょうか?
やはり、最低でも6帖は必要だとお考えでしょうか?

広さを考える時は、
その部屋に何を置くのかを、
考えていただくことをオススメしています。

仮に、子供部屋に置くものが、
一般サイズのシングルベッドと
勉強机だけだとしたら、
その部屋は4.5帖もあれば充分です。

4.5帖は縦横それぞれ2.6mずつあり、
そのスペースには、
シングルベッドと勉強机を置いても、
まだ充分なスペースがあるからです。

広くつくったことにより
部屋に出来た余白スペースに、
家具や棚を置くようになれば、
さらなる出費を生み出してしまうと共に、
部屋に閉じこもりやすくも
なってしまいそうですしね。

いかがですか?

家を建てるということは、
イコール子供たちのためでもあります。
だからこそ、もっとしてあげたいという
気持ちになるのも分かります。

しかし、そうすることによって、
家の予算が増えてしまい、
結果、日々の暮らしに影響が出たりだとか、
子供の進路やあなた自身の老後に
影響が出てしまうとしたら、
本末転倒な話になってしまいます。

ですから、予算と照らし合わせながら、
出来るだけ省けるものは省きながら、
家づくりをしていただければと思います。

それでは、、、

それってホントに必要?

家を小さくすることが出来れば、
家のコストも安くなるし、
土地代や外構代も安くなります。

また、光熱費や固定資産税といった
維持費(ランニングコスト)も安くなるし、
やがて必要になるメンテ費用や
増改築費用なども安くなります。

しかし、ただ単に
家を小さくしてしまうと、
普通に使いにくく住みにくい家に
なってしまうだけなので、
小さくても使いやすく
住みやすい家にするための考え方も
同時に知っていただく必要があります。

おはようございます。
ワンクラフトの松下です。

さて、今回は、
合理的な家の縮め方について
お伝えしていきたいと思います。

では、早速ご質問です!
あなたにとって、
「廊下」は絶対に必要なものでしょうか?

もし、必要であれば、
つくればいいだけの話なのですが、
いらないなと思っているのに、
出来てしまうとしたら、
それって無駄な場所だと思いませんか?

✔︎廊下がなくていい理由

廊下が出来れば、
廊下によって空気が分断されてしまい、
家の中に温度差が出来る原因となります。

いわば、廊下がペアガラスの真空層の役割を
果たしてしまっているというわけですね。

また、廊下のドアが開いていると、
空気が逃げているような気がするし、
廊下のドアは閉めなければいけないような気がして
反射的に閉めてしまいますよね。

結果、洗面やお風呂やトイレなどに、
エアコンの余熱が届かなくなるし、
2階建ての場合であれば、
1・2階の温度差が出来るだけじゃなく、
2階の部屋と廊下の間にも、
けっこうな温度差が出来てしまいます。

また、廊下が出来ることによって、
廊下のコストが余分にかかるのですが、
これに加えてドアやスイッチの数も増えることになり、
さらなるコストアップの原因となってしまいます。

以上のような理由から、
必要ないとお考えであれば、
そもそも廊下がない家になるように
プランを考えた方がいいというわけです。
コストをカットしながら、
快適性が高い家がつくれるわけですからね。

✔︎昔と現在の違い

次に、考えていただきたいことは、
昔と現在の違いです。
実家を想像してみてください・・・

例えば、うちの実家もそうですが、
昔の家には収納がほとんどありませんでした。
そして、寝室にはタンスが所狭しと
並べられていませんでしたか?
結婚と同時に婚礼ダンスを
購入するのが当たり前でしたからね。
また、お母さんのためのドレッサーが、
寝室に置かれていませんでしたか?

それに比べて現在はどうでしょうか?
部屋と収納を分けるのが
当たり前となっていませんか?
婚礼ダンスなんて買わないですよね?
化粧をする場所も、寝室ではなく、
洗面やリビングではありませんか?

さらに、昔のテレビはブラウン管だったため、
テレビそのものが場所を取っていたのですが、
現在は薄型テレビの時代だし、
しかもそれは壁掛けすることも出来るので、
テレビが場所を取ることすらありませんよね?

以上のことを踏まえて
寝室の広さを考えてみると、
果たしてそんなに広い寝室が必要なのでしょうか?

広々したリビングダイニングキッチンが
あることが当たり前となった現在は、
寝室は、文字どおり、
ただ寝るだけにしか使わない部屋ですからね。

であれば、必要最小限の広さで充分だと思いませんか?
わざわざコストをかけてまで、
ただの余白をたくさんつくったとしても、
どうせ寝るだけにしか使わないんですからね。

いかがですか?
こうやって掘り下げて考えてみると、
「確かにそう言われればそうだなー」って
お感じになりませんでした?

ちょっと長くなってしまったので、
今回はここまでにして、
続きはまた次回ということで。

それでは、、、

予算が上がる悪しき考え方

前回の記事をご覧いただければ、
実は、考え方や視点を変えるだけで、
2階建てよりも平屋の方が、
安く建てることが出来るということに、
お気付きいただけたのではないかと思います。

とはいえ、その理屈は、
2階建てよりも平屋の方が、
面積が小さくなるからであり、
そうなれば「坪単価」は
平屋の方が高くなってしまうので、
坪単価に重点を置いている方からすると、
安いとは言えないかもしれません。

しかし、家を小さくすることは、
坪単価は上がってしまうものの、
建築コストはもちろん、
それ以外の様々なコストも安くなる
というメリットがあるので、
家づくりの総予算をカットするためには、
坪単価という指標に囚われないことを
オススメさせていただいています。

おはようございます。
ワンクラフトの松下です。

無駄がない小さな平屋を建てると、
まず光熱費が安くなります。
面積が小さくなった分、
体積も小さくなるからです。

そして、同時に、
家の中に温度差が生まれにくくなります。
廊下がなければ、
空気の流れを分断する場所がなくなるし、
部屋が小さくなった分、
リビングダイニングのエアコンの余熱が
各部屋まで行き渡りやすいからです。
また、水回りスペースへも、
余熱が行き渡りやすくなるからです。

そして、家の固定資産税も幾分安くなるのですが、
この固定資産税と光熱費は、
生涯ずっと払い続けていかないといけないので、
長い目で見ると、
その差は歴然としたものになるかもしれません。

さらに、家を小さくすれば、
その分、土地の面積も小さくすることが出来ます。
そして、それに伴って土地の固定資産税も安くなるし、
敷地をいっぱいに使う平屋を建てるとなれば、
外構工事費用も安くすることが出来ます。

ここまででも、なかなかなメリットだと思いますが、
まださらなるメリットがこの家にはあります。

まず、メンテナンスコストです。
家を長持ちさせるために欠かすことが出来ない
外壁の塗り替えコストですね。

平屋はそもそも外壁面積が小さい上、
家が小さくなる分さらに面積が小さくなるし、
平屋の場合、割高な足場費用もいらないですからね。

そして、やがて家が老朽化した時の
改装工事も多少なりとも安くなります。
といっても、改装工事に関しては、
水回りの入れ替えにかかる工事費用は同じなので、
そこまで割安になるわけじゃあないですけどね。

最後に、遠い将来
この家を解体しなければいけなくなった場合も、
家が小さい分、安く工事してもらえます。
これに関しても、そこまで大きく違うわけではないですが、
要は、家を小さくすれば、
以上のコスト全てを安くすることが出来るってこと、
なんですよね。

逆に坪単価にこだわって家を建てると、
必然的に家は大きくなってしまうので、
家のコストが高くなってしまうのはもちろんのこと、
光熱費も家の固定資産税も高くなります。

また、土地も広く必要になり、
土地の固定資産税や外構工事費用も高くなります。

そして、家が大きくなった分、
外壁の塗り替えコストも高くなるし、
増改築コストや解体コストも高くなってしまいます。

家のイニシャルコストが高くなった分、
借入額が増えて支払利息まで高くなってしまいますしね。

いかがですか?
坪単価は施主にとって都合がいい指標ではなく、
全ての業者にとって都合がいい指標であることが
お分かりいただけたのではないでしょうか?

ということで、
安くていい家を建てるためにも、
坪単価に固執しないように
気をつけていただければと思います。

それでは、、、

平屋が2階建てより安くなる理由

土地の広さや日照条件に問題さえなければ、
建てる家は平屋をオススメしているのですが、
その理由の一つがコスト面です。

ワンフロアで暮らすことが出来ることから、
無駄かもしれないものをなくしたり省いたりしやすく、
結果、その分のコストを落とすことが出来るからです。

おはようございます。
ワンクラフトの松下です。

さて、一般的に平屋は高いと思われており、
実際、2階建てよりも割高になるので、
多くの方が平屋という選択肢を外してしまうのですが、
2階建てにはなくてはならないものを
省くことが出来るのもまた平屋なので、
結局はそう高いわけではありません。

例えば、2階建てでは、
絶対に階段が必要になりますが、
平屋には階段は必要ありません。
そして、これだけで面積が2坪違ってくることになります。
(1・2階それぞれ2帖(1坪)ずつ)

また、2階建ての場合、
寝室や子供部屋を2階につくるし、
そうなれば,2階にもトイレが必要になります。

そして、それらの部屋に行くために
階段を上がりきったところから、
廊下が必要になるのですが、
この廊下は3〜4帖ほど必要になります。

その点、平屋にすれば、
この廊下をなくすことが出来ます。
もちろん、廊下をなくすように間取りを
考えないといけないのですが、
仮にこの廊下をなくすことが出来れば、
さらに3〜4帖減らすことが出来るし、
さらに、部屋が全て1階にまとまるので、
2階のトイレも省くことが出来ます。

そして、これら全てを合わせただけでも、
8帖(4坪)前後、家を小さくすることが出来、
その分コストを省くことが出来ます。

✔︎平屋が2階建てより安くなる理由

しかし、まだこれだけでは、
平屋が2階建てより
安くなることはありません。
仮に、坪単価が10万円違うとしたら、
2階建=35坪×60万円=2100万円
平屋=31坪×70万円=2170万円
という感じですね。

それゆえ、ここからもう1段階
掘り下げて考えていただく必要があります。

例えば、客間やプレイルームとしてつくる部屋を
なくすという考え方です。
平屋では、子供部屋が1階にあるので、
子供部屋を客間やプレイルームを兼ねて使えるからです。

仮に、この部屋が6帖(3坪)だとしたら
31坪―3坪=28坪×70万円=1960万円となり、
2階建てより安く建てられることになります。

また、この部屋を無くさずとも、
10帖ぐらい欲しいかなと
思っていた寝室を6帖にすれば、
この場合も2階建てより安く建てることが出来ます。
10帖―6帖=4帖(2坪)
31坪―2坪=29坪×70万円=2030万円
という感じですね。

さらに、客間もいるし、
寝室も広い方がいいとなった場合でも、
6帖でつくろうと思っていた子供部屋を
4.5帖でつくるようにすれば、
2階建てよりも安く建てることが出来ます。
6帖―4.5帖=1.5帖×2室=3帖(1.5坪)
31坪―1.5坪=29.5坪×70万円=2065万円
という感じですね。

いかがでしょうか?

いくつか家を小さくする選択股を
お伝えさせていただきましたが、
これらを選択したことで、
あなたの暮らしの質は落ちてしまいそうでしょうか?

ならないですよね?
また、これらを部分的にではなく全て選択した場合、
暮らしの質は落ちてしまいそうでしょうか?

これらを全て選択した場合、
31坪―3坪−2坪―1.5坪=24.5坪となり、
これに70万円をかけると
1715万円になるのですが、
2階建てよりも安く建てられるどころか、
むしろ大幅に安くすることが出来ます。

家が小さくなることで、
坪単価が上がってしまい、
仮に75万円になってしまったとしても、
75万円×24.5坪=1837.5万円なので、
それでもだいぶ安く建てられるわけですしね。

ということで、
考え方次第でコストは大きく違ってくる
ということを頭に入れていただきつつ、
無理のない予算で家づくりをしていただければと思います。

それでは、、、

コストをかけるところとかけないところ

資金計画の結果、
家にかけられる予算が2000万円以下となった場合、
「平屋」を建てることをオススメします。

2000万円以下の予算では、
平屋を建てるにせよ、
2階建てを建てるにせよ、
それほど大きな家には出来ないし、
であれば、平屋の方が住みやすく、
維持費もかかりにくいからです。

また、土地に占める家の割合が
2階建てよりも多いため、
外構工事の費用も抑えられるからです。

さらに、平屋を建てるからといって
そのために広い土地を買う必要もないため、
土地の予算が高くなることもありません。

そして、広さとしては2階建て同様に、
50坪〜60坪もあれば充分なのですが、
とはいえ、この広さの土地で
平屋を建てるためには、
光やプライバシーを確保するための
工夫をしなければいけません。

近隣に家が建ち並ぶ密集地の場合、
隣との距離が近いため、
近隣の建物に光を遮断されやすく、
家の中が暗くなってしまいやすいし、
プライバシーが筒抜けになってしまうからです。

おはようございます。
ワンクラフトの松下です。

✔︎平屋のコストをかけるべきところ

家を明るく保つためには、
家の中に安定的に
光を届けてやらないといけません。
そして、そのためには、
カーテンをなくさないといけません。

また、直射日光を入れたい場所は、
カーテンをなくすことに加え、
近隣の建物から充分な距離をとらなくてはいけません。

この2点が、どんな場所でも、
平屋を建てる場合に必要なことなのですが、
この2点が実現出来れば、
同時にプライバシーの確保も出来るものの、
その分、どうしてもコストはかかってしまいます。

とはいえ、このコストは、
住みやすさの確保のためには、
絶対に必要なコストであり、
省くことはありえないので、
これを理由に、
家の予算が上がってしまわないように、
別のところでコストの調整をしていきます。

✔︎平屋であることのメリットを活かす

では、どのようにして
コストを省いていけばいいのでしょうか?

その答えは、2階建てではなく、
平屋であることの中に隠されています。
全てがワンフロアであるということの中に、です。

例えば、一般的な2階建ての場合、
1階にリビングダイニングキッチンしかないと不便なため、
客間や子供のプレイルームを兼ねた
部屋をつくることが多いのですが、
平屋になると、これがいらなくなります。

子供部屋が1階にあれば、
子供部屋を客間と兼ねて使いやすいからです。
家に泊まるのは親御さんだけだし、
それも子供が小さいうちだけで、
子供たちが小さいうちは、
あなたと一緒に寝ていて、
その部屋が空いているからです。

仮に、これだけで150万円〜200万円ほど
コストを圧縮出来るとしたらいかがでしょうか?

このような要素を幾つかピックアップし、
その中で、いる・いらない、を判断することで、
コストの調整を行っていけば、
決して平屋が高くなることはありません。

というわけなので、
2000万円以下で家を建てなければいけないという方は、
ぜひ今回の記事を参考にしていただければと思います。

それでは、、、