ウッドデッキを活かす設計・殺す設計

家を建てるにあたり、
ウッドデッキは欠かせないアイテム
ではないでしょうか。

アウトドアリビングとして
朝ごはんや晩ごはんを食べたり・・
家族でバーベキューをしたり・・
プールを出して子供たちを遊ばせたり・・
日向ぼっこをしたり・・
カフェテラス気分で過ごしたり・・
と、夢が広がるスペースが
このウッドデッキですもんね。

なので、今回は、
このウッドデッキがより使いやすく
また、より使いたいスペースになるために、
知っておいた方がいいコトについて、
お伝えしていきたいと思います。

おはようございます。
ワンクラフトの松下です。

まず、ウッドデッキをつくるにあたって
知っておくべきことがウッドデッキの材質です。

大きく分けると、
「本物の木」と「本物の木風」の
2つがあるのですが、
どちらの方が自分や自分の家に向いているか?
を知っておくことが大切です。

✔️本物の木のメリットとデメリット

外に使うということは、
常に太陽の紫外線や熱を浴びるし、
雨が降れば水分を吸い込みます。

それゆえ、本物の木は、
室内とは比べものにならないほど、
膨らんだり縮んだり反ったり動いたりします。

結果、凸凹は出来るわ、
ビスをへし折ってしまうわ、
劣化はしてしまうわ、
ささくれだってしまうわ、
という状態になります。

また、紫外線を浴びることによって、
灰色に変色もするし、
日当たりが悪い場所などは、
カビが生えることもあります。

それゆえ、時々
サンドペーパーで表面をこすったり、
年に一回は塗装したりと、
ややこまめに手入れしてあげないといけません。
つまり、手間がかかってしまうというわけですね。

しかし、本物の木には
以上のようなデメリットがあるものの、
本物じゃない木に比べて
圧倒的に「カッコイイ」というメリットがあります。

なので、カッコ良さを追求したい方や、
この手入れが苦じゃない方、
そして細かなことが気にならない方なんかは、
本物の木を使うことをオススメします。
(ちなみに僕はこっち派です。)

✔️本物の木風のメリットとデメリット

まっ、このメリットは言わずと知れた
「メンテンスフリー」ってことです。
つまり、変色もしなければ、
反ったりビスをへし折ったり、
ささくれだつこともないというわけですね。

また、日当たりが悪い場所には
本物の木同様にカビが生えることもありますが、
ブラシと水で掃除してやれば
表面に不着した汚れとともに
あっさり取れるのではないでしょうか。

ただし、この「本物の木風」は
あくまで「なんちゃって仕上げ」なので、
仕上がりは本物の木よりも
見劣りしてしまうというのがデメリットです。

なので、あくまでカッコ良さにこだわりたいという方は、
面倒臭さを我慢してでも、
「本物の木」を使った方がいいと思います。

✔︎ウッドデッキで一番大事なこととは?

では、ここからが本題です。
ウッドデッキで一番大事なことは、
そもそも、そのデッキが使えるように
設計されているかということです。

せっかく高いお金を出してつくったのに、
(平均で50万円ぐらいはかかります)
そもそも使えない設計になってしまったのでは、
お金をドブに捨てたようなものですからね。

例えば、
道路に面してウッドデッキをつくり、
かつフルオープンになっているとしたら、
それってメチャクチャ使いにくいと思いませんか?
周りの人から丸見えになってしまうわけですからね。

また、周りの目線を感じない場所につくったとしても、
日当たりが悪いとか、景色が悪いとなれば、
それはそれで使いたいとも思えないですよね。

なので、ウッドデッキをつくる時は、
まずはそのデッキが使いやすそうか?
そして、そのデッキを使いたいと思えそうか?
この2つを意識しながら
設計してもらうようにしてくださいね。

今回はウッドデッキを活かすも殺すも、
あなたや設計士の想像力に
かかっているという話でした。

それでは、、、